DataView【データビュー】オブジェクト

目次: メモ コンストラクタ プロパティ メソッド データ型 関連

メモ

コンストラクタ

プロパティ

プロパティ説明
DataView.prototype[ @@toStringTag ] タグ (下記 例を参照)
[Symbol.toStringTag]
DataView.prototype.buffer バッファ (ArrayBuffer【バイナリデータ配列】オブジェクト)
(下記 例を参照)
DataView.prototype.byteLength ビューサイズ (バイト単位)
(下記 例を参照)
DataView.prototype.byteOffset バッファオフセット (バイト単位)
(下記 例を参照)
DataView.prototype.constructorコンストラクタ定義 (下記 例を参照)
DataView.prototype プロトタイプ (下記 例を参照)

メソッド

メソッド説明
データ値取得
DataView.prototype. getFloat32( byteOffset [ , littleEndian ] ) 32ビット IEEE 浮動小数点数 取得
DataView.prototype. getFloat64( byteOffset [ , littleEndian ] ) 64ビット IEEE 浮動小数点数 取得
DataView.prototype. getInt8( byteOffset )8ビット 符号あり整数 取得
DataView.prototype.getInt16( byteOffset [ , littleEndian ] ) 16ビット 符号あり整数 取得
DataView.prototype.getInt32( byteOffset [ , littleEndian ] ) 32ビット 符号あり整数 取得
DataView.prototype.getUint8( byteOffset ) 8ビット 符号なし整数 取得
DataView.prototype.getUint16( byteOffset [ , littleEndian ] ) 16ビット 符号なし整数 取得
DataView.prototype.getUint32( byteOffset [ , littleEndian ] ) 32ビット 符号なし整数 取得
データ値設定
DataView.prototype. setFloat32( byteOffset, value [ , littleEndian ] ) 32ビット IEEE 浮動小数点数 設定
DataView.prototype. setFloat64( byteOffset, value [ , littleEndian ] ) 64ビット IEEE 浮動小数点数 設定
DataView.prototype. setInt8( byteOffset, value )8ビット 符号あり整数 設定
DataView.prototype. setInt16( byteOffset, value [ , littleEndian ] ) 16ビット 符号あり整数 設定
DataView.prototype. setInt32( byteOffset, value [ , littleEndian ] ) 32ビット 符号あり整数 設定
DataView.prototype. setUint8( byteOffset, value )8ビット 符号なし整数 設定
DataView.prototype. setUint16( byteOffset, value [ , littleEndian ] ) 16ビット 符号なし整数 設定
DataView.prototype. setUint32( byteOffset, value [ , littleEndian ] ) 32ビット 符号なし整数 設定

データ型

データ型バイト数説明同等のCの型
Float32432ビット IEEE 浮動小数点数float
Float64864ビット IEEE 浮動小数点数double
Int818ビット 符号あり整数signed char
Int16216ビット 符号あり整数short
Int32432ビット 符号あり整数int
Uint818ビット 符号なし整数unsigned char
Uint16216ビット 符号なし整数unsigned short
Uint32432ビット 符号なし整数unsigned int

例 (プロパティ)

console.log(DataView.prototype);
// 出力:DataView {Symbol(Symbol.toStringTag): "DataView"}

var buff = new ArrayBuffer(100);
var dataView = new DataView(buff, 10);
console.log(dataView[Symbol.toStringTag]); // [ @@toStringTag ]
// 出力:DataView
console.log(dataView.buffer);
// 出力:ArrayBuffer {}
console.log(dataView.byteLength);
// 出力:90
console.log(dataView.byteOffset);
// 出力:10
console.log(dataView.constructor);
// 出力:function DataView() { [native code] }