Array【配列】オブジェクト

目次: メモ 配列リテラル・コンストラクタ プロパティ メソッド一覧 関連

メモ

配列リテラル・コンストラクタ

構文説明

(1) [ [ item1 ] , [ item2 ] , [ … ] ]
(2) [ new ] Array( len )
(3) [ new ] Array( ...items )
配列リテラル・コンストラクタ
(1) リテラル 指定
(2) 配列要素数 指定
(3) 配列要素 指定

プロパティ

プロパティ説明備考
Array [ @@species ] コンストラクタ定義 (下記 参照) [Symbol.species]
Array.prototype[ @@unscopables ] with ステートメント の除外プロパティ
(下記 参照)
[Symbol.unscopables]
ES2015 (6) 以降に追加されたプロパティ名と除外フラグ
Array.prototype.[ index ] 配列の要素 (index:0~)
(下記 参照)
要素数以上の要素設定で、配列の拡大
Array.prototype.constructor コンストラクタ定義 (下記 参照)
length配列の要素数 (下記 参照) 値設定で、配列の拡大・縮小
符号なし32ビット整数 (0 ~ 232-1)
範囲外の場合、RangeError 例外
Array.prototypeプロトタイプ (下記 参照)

メソッド一覧

メソッド説明元の配列の変更配列生成
Array.prototype [ @@iterator ]( )   イテレータ取得
Array.prototype. concat( [ item1 [ , item2 [ , … ] ] ] ) 連結
Array.prototype. copyWithin( target, start [ , end ] ) 内部コピーあり
Array.prototype. entries( ) イテレータ取得 (キー・値)
Array.prototype. every( callbackfn [ , thisArg ] ) 有効判定 (全要素有効)コールバック関数による
Array.prototype. fill( value [ , start [ , end ] ]) 指定値設定あり
Array.prototype. filter( callbackfn [ , thisArg ] ) 抽出コールバック関数による
Array.prototype. find( predicate [ , thisArg ] ) 値検索 (ユーザ関数)
Array.prototype. findIndex( predicate [ , thisArg ] ) インデックス検索 (ユーザ関数)
Array.prototype. flat( [ depth ] ) 配列生成 (深さ指定)
Array.prototype. flatMap( mapperFunction [ , thisArg ] ) 配列生成 (関数指定)コールバック関数による
Array.prototype. forEach( callbackfn [ , thisArg ] ) 要素処理コールバック関数による
Array. from( items [ , mapfn [ , thisArg ] ] ) 配列生成 (オブジェクト指定)
Array.prototype. includes( searchElement [ , fromIndex ] ) 存在確認
Array.prototype. indexOf( searchElement [ , fromIndex ] ) 検索 (順方向)
Array. isArray( arg ) 配列判定
Array.prototype. join( [separator] ) 全要素文字列結合
Array.prototype. keys( ) イテレータ取得 (キー)
Array.prototype. lastIndexOf( searchElement [ , fromIndex ] ) 検索 (逆方向)
Array.prototype. map( callbackfn [ , thisArg ] ) 配列変換生成コールバック関数による
Array. of( ...items ) 配列生成 (要素指定)
Array.prototype. pop()末尾要素削除あり
Array.prototype. push() 末尾要素追加あり
Array.prototype. reduce( callbackfn [ , initialValue ] ) 隣接要素処理 (順方向)コールバック関数による
Array.prototype. reduceRight( callbackfn [ , initialValue ] ) 隣接要素処理 (逆方向)コールバック関数による
Array.prototype. reverse()要素反転あり
Array.prototype. shift()先頭要素削除あり
Array.prototype. slice( start [, end] ) 部分コピー
Array.prototype. some( callbackfn [ , thisArg ] ) 有効判定 (一部要素有効)コールバック関数による
Array.prototype.sort( [comparefn] ) ソートあり
Array.prototype. splice( start, deleteCount [ , item1 [ , item2 [ , … ] ] ] ) 要素削除&挿入あり
Array.prototype.toLocaleString() 文字列変換 (ロケール)
Array.prototype. toString()文字列変換
Array.prototype. unshift( [ item1 [ , item2 [ , … ] ] ] ) 先頭要素挿入あり
Array.prototype. values() イテレータ取得 (値)

// 【プロパティ】
console.log(Array[Symbol.species]);
// 出力:function Array() { [native code] }
console.log(Array.prototype);
// 出力:Array[0]
// 出力:  concat: concat()
// 出力:  constructor: Array()
// 出力:  copyWithin: copyWithin()
// 出力:  entries: entries()
// 出力:  省略
// 出力:  toLocaleString: toLocaleString()
// 出力:  toString: toString()
// 出力:  unshift: unshift()
// 出力:  Symbol(Symbol.iterator): values()
// 出力:  Symbol(Symbol.unscopables): Object
// 出力:  __proto__: Object

let array = [ 1, 2, 3 ];
console.log(array.constructor);
// 出力:function Array() { [native code] }
console.log(array.length);
// 出力:3
array[9] = 10;
console.log(array.length, array);
// 出力:10 [1, 2, 3, 9: 10] 配列の拡大
array.length = 20;
console.log(array.length, array);
// 出力:20 [1, 2, 3, 9: 10] 配列の拡大
array.length = 3;
console.log(array.length, array);
// 出力:3 [1, 2, 3] 配列の縮小

console.log(Array.prototype[Symbol.unscopables]);
// 出力:Object {
// 出力:copyWithin: true,
// 出力:entries: true,
// 出力:fill: true,
// 出力:find: true,
// 出力:findIndex: true,
// 出力:flat: true,
// 出力:flatMap: true,
// 出力:includes: true,
// 出力:keys: true,
// 出力:values: true
// 出力:}

let keys = ["KeyA"];
with (Array.prototype) {
keys.push("KeyB");  // 配列参照
}
console.log(keys);
// 出力:Array [ "KeyA", "KeyB" ]

Array.prototype[Symbol.unscopables]['keys'] = false;
console.log(Array.prototype[Symbol.unscopables]);
// 出力:Object {
// 出力:copyWithin: true,
// 出力:entries: true,
// 出力:fill: true,
// 出力:find: true,
// 出力:findIndex: true,
// 出力:flat: true,
// 出力:flatMap: true,
// 出力:includes: true,
// 出力:keys: false,
// 出力:values: true
// 出力:}

try {
with (Array.prototype) {
keys.push("KeyC");  // メソッド参照
  }
}
catch (error) {
  console.log(error);
  // 出力:TypeError: "values.push is not a function"
}
console.log(keys);
// 出力:Array [ "KeyA", "KeyB" ]
// 【多次元配列】
var array = [ [1, 10], [2, 20], [3, 30] ];
console.log(array.length);
// 出力:3
for (var i = 0; i < array.length; i++) {
  for (var j = 0; j < array[i].length; j++) {
    console.log(("[" + i + "][" + j + "] = "), array[i][j]);
  }
}
// 出力:[0][0] =  1
// 出力:[0][1] =  10
// 出力:[1][0] =  2
// 出力:[1][1] =  20
// 出力:[2][0] =  3
// 出力:[2][1] =  30
// 【ジャグ配列】
var array = [ [1, 10], [2, 20, 30], [3, 30, 40, 50] ];
console.log(array.length);
for (var i = 0; i < array.length; i++) {
  for (var j = 0; j < array[i].length; j++) {
    console.log(("[" + i + "][" + j + "] = "), array[i][j]);
  }
}
// 出力:[0][0] =  1
// 出力:[0][1] =  10
// 出力:[1][0] =  2
// 出力:[1][1] =  20
// 出力:[1][2] =  30
// 出力:[2][0] =  3
// 出力:[2][1] =  30
// 出力:[2][2] =  40
// 出力:[2][3] =  50