print()【テキストストリーム出力】3.0・3.3
input()【1行入力】

print()【テキストストリーム出力】3.0・3.3

メモ

構文

print(*objects, sep=' ', end='\n', file=sys.stdout, flush3.3 =False)

戻り値なし
objects (可変長引数)文字列変換後に出力
sep (キーワード引数)各オブジェクトを区切るセパレータ文字列
end (キーワード引数)最後に出力する文字列
file (キーワード引数)出力テキストストリーム (write(string) メソッドを持つオブジェクト)
flush (キーワード引数)3.3強制フラッシュ有無 (True:あり / False:なし)
※:Python 3 以前は print 文

n = 123
print(n)
# 出力:123

s1 = "abc"
s2 = "ABC"
print(n, s1, s2)
# 出力:123 abc ABC

print(n, s1, s2, sep="-", end=" / ")
print(n, s1, s2, sep="-")
# 出力:123-abc-ABC / 123-abc-ABC

rng = range(3)
lst = [1, 3, 5]
tpl = (2, 4, 6)
print(rng, lst, tpl, sep=" / ")
# 出力:range(0, 3) / [1, 3, 5] / (2, 4, 6)

input()【1行入力】

メモ

構文

input([prompt])

戻り値入力行文字列 (末尾の改行削除)
promptプロンプト (標準出力に出力)

例外EOFError (EOF 入力)

s = input()
# 出力:【入力】
print(s)
# 出力:【入力】

s = input("prompt>")
# 出力:prompt>【入力】
print(s)
# 出力:【入力】

s = input("prompt1>\nprompt2>\n")
# 出力:prompt1>
# 出力:prompt2>
# 出力:【入力】
print(s)
# 出力:【入力】