@access【アクセスレベル】
@package【パッケージ プライベート】
@private【private定義】
@protected【protected定義】
@public【public定義】

@access【アクセスレベル】

メモ

  • private定義(@access private) を出力するには、起動オプションで -p・--private を指定 または、-a・--access でprivate を指定

構文

@access 【アクセスレベル (package | private | protected | public)】

@access package   (@package【パッケージ プライベート】と同等) 
@access private   (@private【private定義】と同等)
@access protected (@protected【protected定義】と同等)
@access public    (@public【public定義】と同等)

関連

/**
 * @constructor
 */
function Some() {
  /**
   * 変数の説明
   * @access package
   */
  this.packageValue = "package";

  /**
   * 変数の説明
   * @access private
   */
  var privateValue = "private";

  /**
   * 変数の説明
   * @access protected
   */
  this._protectedValue = "protected";

  /**
   * 変数の説明
   * @access public
   */
  this.publicValue = "public";
}

@package【パッケージ プライベート】

メモ

構文

@package

関連

/**
 * @constructor
 */
function Some() {
  /**
   * 変数の説明
   * @package
   */
  this.packageValue = "package";
}

@private【private定義】

メモ

  • デフォルトのアクセス レベル
  • 出力するには、起動オプションで -p (--private) 指定 または、-a (--access) でprivate 指定
  • @access private (@access【アクセスレベル】) と同等

構文

@private 

@private [ {【型】} ] 

関連

/**
 * @constructor
 */
function Some() {
  /**
   * 変数の説明
   * @private
   */
  var privateValue = "private";
}

@protected【protected定義】

メモ

構文

@protected 

@protected [{【型】}] 

関連

/**
 * @constructor
 */
function Some() {
  /**
   * 変数の説明
   * @protected
   */
  this._protectedValue = "protected";
}

@public【public定義】

メモ

構文

@public

関連

/**
 * @constructor
 */
function Some() {
  /**
   * 変数の説明
   * @public
   */
  this.publicValue = "public";
}